住まいを侵入者から守れ

何かと物騒な事件が目立つ今日この頃、住まいを侵入者から守る方法を考えてみましょう。

泥棒の行動パターン

  • 窓ガラスを破って 64%
  • 無締りの窓・ベランダから 49%
  • 無締りの玄関・勝手口から 33%
  • 玄関などの合鍵を探して 31%

住まいを侵入者から守る対策&アイテム

光で撃退!【センサーライト】

赤外線センサーが探知して、不審者が近づくと自動点灯するライトは、家の外に設置しておく事で侵入者を明るく照らし、心理的に圧力をかけます。
また、必要な時だけ点灯することから、節電ライトとしても便利です。

音で撃退!【振動センサーアラーム】

犯行を中断した理由の67%は防犯用のセンサーに気づいたためという調査結果があります。
突然の振動などを感知すると、大音量アラームが鳴るセンサーアラームは侵入者を音で撃退します。窓やドアに貼り付けるタイプは、工事も不要で簡単に取りつけられます。

映像で監視!【CCDカメラ】

CCDカメラは屋外にカメラを設置するだけで、侵入者をカラーモニターに映し出します。録画しておけばさらに便利です。

入口を開けにくく!【2重ロック】

泥棒が犯行を諦める所要時間は10分以内で78%という調査結果があります。
カギを開けにくくすれば、それだけ不審者の侵入を防ぐ事ができるのです。サッシに補助のカギをつけたり、玄関のカギを2重にすることをお勧めします。