クギ打ちからネジ止めへ

クギ打ちからネジ止めへ

日曜大工の世界ではあまり知られていませんが、プロの世界ではクギ打ち作業はほとんどなく、ネジで止めることが主流になってきています。
その理由として充電式のドリルドライバーが高機能高性能になったことと、「コーススレッド」と呼ばれるネジが多種、安価に出回った事があげられます。
ネジ止めの利点としては、保持力が優れている事、作業中の音が静かな事、失敗しても取り外しが簡単である事、衝撃をあたえないこと、相手が不安定でも大丈夫なことなどがあります。
一番の特徴は保持力のアップで、クギ浮き、板浮きなどの欠点をなくしたことです。
特に屋外での工作物は、板材の伸縮が激しく、その威力が十分に発揮されます。

インパクトドライバーは、充電ドリルドライバーとどこが違うの?

より強力なネジ締めをしたいときやナット締めなどに使います。
ドリルドライバーは回転機能のみですが、インパクトドライバーは本体内に回転するハンマーを持ち、回転機能に打撃機能を加えて、より強力なパワーを引き出せるようになっています。
打撃の音が少しうるさいのが気になりますが、楽にネジ締めができます。

使い方のポイント

ドリルドライバーを確実に押すことです。
ドリルドライバーは回す力は電動で行いますが、押すのは自分の力でしなければいけません。
きっちり押していないと、パワーがネジに伝わりません。